【ユメジュク】EIMEI-TOP代表

【夢見る塾講師】埼玉県富士見市・ふじみ野市EIMEI-TOP塾長・エイメイ学院鶴瀬校舎数学担当のなんでもブログ

▼トップ固定記事▼エイメイ学院の強みはなにか。

エイメイ学院の強みは、なにか。

他塾になくて、エイメイ学院にあるものはなにか。

 

常に危機感を待たせる先生や環境があること。

だと、僕は思うよ。

 

 

 さっきこういう記事を書いたんだけど、

yoko-eimei.hatenablog.com

 

 

↑これは、誰かに言われなきゃ気づけないし、

実際に行動しようと思っても何をやればいいのかわからないもの。

 

だから、エイメイ学院では、とにかく問いかける。危機感をもたせる。

 

今何をするべきか、どういう行動を取るべきか。

 

自分でどういう行動が正しいかを考える。それが重要だ。

 

あれこれ指示を出すときもあるよ。

だけど、子どもたちにとって自分の人生だ。自分の意思で動かなきゃ意味がない。

 

そして、なにか行動しようと思えば、周りにはもうすでに行動にうつしている

先輩や仲間がいる。

 

だから、環境の力は大きい。

 

f:id:yoko_eimei:20200921152229j:image

 

f:id:yoko_eimei:20200921152235j:image

 

2枚の写真。

午後3時の鶴瀬校舎の自習室。

 

1年生から3年生が集まり、勝手に勉強してる。まだエイメイに来て1週間の体験生もいるね。

 

 

教室の空気。

ピリピリどころじゃないね。ビリビリしてるよ。

 

 

真面目にね笑

 

 

これはエイメイ学院鶴瀬校の場合。

他の校舎は、ごめん。知らない。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

こういう環境・刺激をもらって勉強したい人は、

どうぞエイメイ学院鶴瀬校舎へ。

 

LINE Add Friend

 

メールの場合は、

 

info@eimei-g.net

 

これをコピペして連絡ください。

図形の感覚を磨く。

2学期後半。

 

中学生のどの学年も図形の単元に入る。

 

ここで出るのが、「俺図形苦手だから。」「図形無理~」みたいな声。笑ってしまうが、本当にこういう子がいる。

 

でも、図形の苦手意識は「イメージの欠如」からくる。

 

どことどこがくっついて、どんな形をしていて、尖っているのか、丸みを帯びているのか。

 

そういうイメージが頭の中で出来ない。

 

だって、テストや問題は、動かない「紙」で出てくるから。空間図形も動きがないからね。

 

だから、イメージを持たせるためには、実際に触るしかない。生で見るしかない。

 

朝から授業準備のために、正多面体を作ってみた。

 

正四面体↓

f:id:yoko_eimei:20201204112813j:image

 

 

正六面体(立方体)↓

f:id:yoko_eimei:20201204112816j:image

 

 

正八面体↓

f:id:yoko_eimei:20201204112821j:image

 

 

正12面体↓ 

f:id:yoko_eimei:20201204112840j:image

 

正20面体は、作れなかった。(笑)

 

 

で、こうやって実際に作ってみてわかる。

「この部分がここにくっつくのか」「この対面がここになるのか」

 

そう気づくことが出来る。

 

円錐も、側面がおうぎ形になるのは実際にやってみなきゃわからなくない!?

 

図形の感覚を磨くために、実際に手で、その図形を触れてみる。

 

それが大事になってくるよ。

 

 

 

「もっと前からエイメイに行っとけば良かった」

テストの振り返りを行なっている。

 

その中で、

「もっとしておけば良かったこと・言い訳」を書いてもらっている。

 

そしたら、この期末テストのテスト期間から体験した生徒がこんなことを書いてくれた。

 

f:id:yoko_eimei:20201203225153j:image

 

「もっと前からエイメイにいっとけば、よかった。」

 

 

嬉しいなー。

 

ばっちり点数も上がったね。

 

よく頑張りました!!

 

ここからもまた頑張っていきましょう★

400点以上の人数は…。

さあ、期末テストの点数の集計をしている。

 

今回も、400点以上を羅列しよう。

 

 

497
490
484
483
475
474
469
463
462
461
460
455
452
452
449
449
445
445
440
439
438
433
430
428
427
427
425
424
424
422
420
420
419
418
418
417
413
413
412
411
411
404
402
400

 

現在44名。

 

これからもう少し増えるぞい。

 

学年順位が楽しみだね。

普通、逆やん?!

とある中学校の定期テスト

 

1年生の平均点が低くて、

2.3年の平均点が高い。

 

まぁ、なんとも酷な話とも思うが。

 

まだ勉強法や習慣の定着が甘い、一年生。

 

2.3年生に比べて、やるべきことが要領よくできてないのが平均点に出るのだろうか。

 

 

 

しかし、

 

1年生の内は、ある程度努力し、しっかり勉強した子は点数がとれるように配慮するのが、いいと思う。

 

初見問題とか、入試問題をバンバン出すのは一年生にやる必要はないと思うのだがな。

 

2.3年生にはそういうのも経験させていくのは、ありだと思うけど、、、。

 

だから、普通逆やん?!

いい事しか書かない人は怪しい

この世に五万とある塾ブログ。

 

中の塾の先生が、

聞いてて心地いいことを発信しまくってるよね。

 

○○点アップ!

どうだどうだすごいだろ。

 

1位!!

学年トップ10○人!!

 

たしかに、すごい。すごいよ。

 

しかし、

どんなにすごい実績がある塾でも、その中で成績が伸びずに苦しんでる人は絶対にいる。

 

絶対に。

 

 

 

うちにもいるよ。

 

さっき連絡が来た。

 

中間数学90点を取った生徒が、今回50点だったそうな。平均を大きく下回るような結果だ。何があったかわからない。心配だ。

 

 

ほんの、一例で書いたが、

こういう子が、どの塾にもいるはずなんだ。

 

どの塾も言わないだけで。

 

もちろん、人だから、塾だから、

僕だっていい結果は自慢するし、ブログに書く。

 

しかし、成績が振るわなかった子のことを、その数倍考えている。それもブログに書いているはず。

 

 

だからね、

 

 

聞き心地の良いことばかり発信している、その塾の中の“人”が見えてこない塾は、怪しくないですか??

 

 

と、僕は思ってます。